1. かどまるSHAMIKO

  2. SHAMIKO

  3. SHAMIKO mini

  4. ART SHAMIKO

  5. 行燈 SHAMIKO

  6. オプション商品

  1. 【特集】Tokyo Tokyo

  2. 【特集】津軽三味線奏者雅勝×SHAMIKO

  3. 【特集】三味線の歴史

和楽器の不都合な真実

和楽器は生き物

和楽器は天然素材を使っているので、
季節の変わり目にはとても敏感です。

まるで人間と同じで
大変と感じるかもしれませんが、
その代わり、愛着も湧いてくるのが和楽器。

三味線は、とってもワガママ。

三味線は人と同じく、とても暑がりです。
最近は、猛暑は当たり前なので尚更ですよね。

そんな日は不快指数もマックス。
暑いとよく三味線の皮は、
トロけて剥がれてしまう可能性もあります。


普段からキチンと拭き掃除をしたり、
ケースや袋には乾燥剤を入れるなど、
人と同じ様に大切にしてあげてくださいね。

 

本腰を入れて和楽器を始めると正直、
手がかかります。が、しかしその分、
しっかり期待にも答えてくれる音も出ます。

そんなところに愛着を
感じるのではないでしょうか。