1. かどまるSHAMIKO

  2. SHAMIKO

  3. SHAMIKO mini

  4. ART SHAMIKO

  5. 行燈 SHAMIKO

  6. オプション商品

  1. 【特集】Tokyo Tokyo

  2. 【特集】津軽三味線奏者雅勝×SHAMIKO

  3. 【特集】三味線の歴史

時には大胆に、時には繊細に・・

ギターは、立って演奏をするものですが、
三味線やシャミコは座って演奏をすることが
ほとんどだと思います。

 

そこで、正座が良いのか?イスに座るのが良いのか?
考えてしまうこともあるかもしれません。

 

答えから言えば『自由!』この一言に尽きます!
椅子でも、立ち弾きでもフリースタイルでok!です。

 

といえ・・、
基本の姿勢はマスターしておいて損はしません。
実は正しい姿勢は演奏が楽な場合が多いです。

 

イスに座り演奏をする時は、
背もたれには寄り掛からず、浅目に座ります。

 

その時、天神(先端部)が下がらないように
ご注意を・・弾きにくいです・・。

 

目安はと言うと、天神が肩と同じくらいの高さに
なるくらいが丁度良い棹の位置なので、
参考にしてみてくださいね。

 

そして、シャミコが、三味線と違うところは、
バチを使わずにピックで弾けることです。

 

バチは使い慣れるまでは、操作も難しく、
コンパクトではない為、気軽とは言えませんが、

 

ピックなら財布にも入り、楽器店にいけば
どこでも好みのピックが手に入ります。

 

そのうえで、シャミコの胴は「打楽器」の要素も
あって叩くと「太鼓」のような元気な音が出ます。

 

もし、あなたが三味線の撥を持っているなら、
遠慮なく、バンバン叩いてみてください。
本格的な三味線らしい音色を奏でることが可能です!

 

ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。